国際結婚の手続き

日本人と結婚相手国との関係で国際結婚の手続きや日本政府の許可(入国管理局)の対応が異なるので要注意です。

相手が日本に住むには配偶者ビザが必要です。法律上婚姻関係が成立していても当然にもらえるというものではありませんし日本に入国することが出来ません。
相手国で来日希望の方の日本ビザ申請を現地の領事館で行っても拒否される場合があります。理由は教えてくれませんし一度申請に失敗すると半年間後しか再申請はできません。その時も同じ書類を提出すれば拒否される可能性があります。

ここをよく理解していないと、二人の結婚は成立しても日本で生活することができなくなります。

お互いに結婚したいのだから政府は関係ないでしょう、という理論は通じません。日本に住むためには正しい結婚を説明しないと許可がでません。

こんなサイトを見つけました。引用出典/国際結婚手続きナビ

————————————————————————–
国際結婚の仲介業者さんを介して知り合われた方は、配偶者ビザ申請にご注意下さい。

国際結婚の仲介業者さんを介して知り合われて(お見合いをされて)ご結婚に至ったケースも、慎重さが求められます。

弊事務所へ持ち込まれる配偶者ビザの不許可案件の場合、2回程度の相手国訪問で結婚に至ったケースや、下手をすると1回目の訪問でお見合いと婚姻を済ませてしまう業者さんもあります。

弊事務所のクライアントの中には、昔は日本でもお見合い当日の結婚はあったのだから、国際結婚でもこのような類型があっても可笑しくないのでは?とのご主張をされる方がいらっしゃいます。確かにおっしゃる通りではあるのですが、超短期で結婚に至る場合には、配偶者ビザ申請時に婚姻の真実性の立証について格別の慎重さが必要です。

国際結婚の仲介業者さんを経由して知り合われて結婚された場合、もうひとつ注意をすべき点は、その業者さんの過去の実績です。仲介業者さんとしては、結婚を成立させてなんぼの商売ですから、少々無理があっても婚姻を成立させようと努力されるものと考えられます。その業者さんを経由してご結婚をされた過去のカップルの離婚率が高いようだと、今回の結婚もいい加減な結婚なのでは?といらぬ疑いをかけられてしまう可能性があります。
————————————————————————–
上記サイトにはいろいろ詳しい説明がありますので参照してください。

①ネットで知り合った人と結婚する(実際には会ったことがない同志)
②年齢差のある結婚
③お互いに共通の意思疎通ができる言語がない
④交際証明ができない
⑤その他・・・いろいろな理由

ロシア語より英語を復習しましょう!

日本人とロシア人の英語力は学校で勉強する時間数は同じくらいと思いますので興味のある人は学校以外でも勉強するのでレベルは上がりますがそうでない人、ロシア人も同じで学校だけで習った英語は普段は使わないのですぐには英語を思い出すことは出来ないようですが日本とロシアは同じレベルと考えたらその時点の英語でお互いに通じることが出来ます。お互いに切磋琢磨して語学力を上げれば良いだけですがロシア人の方が上達力は早いと思います。

女性会員の中には数か国語を流ちょうに話す女性もいますのでその場合はお互いに外国語(英語)での会話が可能ですがお互いのレベルに差があると流暢に英語を話す男性はたどたどしい英語力でも待ってくれますがイライラするのは女性の性格です。

中学一年で習う英語の動詞

見覚えがある人は英語のセンスがある人です。
中学一年の英語を覚えてれば普通会話は十分に出来ますね。

会話倶楽部のシステム・ウラジオストク訪問まで

会話倶楽部のシステムは簡単です!
次の条件をクリアできる人がウラジオストク女性と交際そして結婚に至る可能性があります。
入会をお断りする方出来るだけ若い女性を希望される方は女性の両親の年齢が男性より上であることは最低条件です。女性が男性とのお見合いを断る理由の一つです。愛があれば・・・年齢は関係ありませんが最初の出会いはお互いのファイルですので愛はありません。また外国語が全くできない方は今からでも遅くはありませんので英語とロシア語を勉強しましょう。ロシア女性は日本に住むのだから女性が日本語を話せば大丈夫と考える方もおられますが交際中のコミュニケーション会話はどうやって行いますか?

人と人の出会いそして交際、ウラジオストク女性は日本人ではないので考え方が異なりますのでそれを理解しておくのが前提条件です。会話倶楽部は有料サービスを提供してますので会員の方は随時、会話倶楽部運営者とメールや電話その他の方法でいつでも質問そしてお互いに話し合いながらロシアを理解していただいてます。

ウラジオストク女性と実際に会わないと何も始まりませんのでシステムとして会員はウラジオストクに出かけてウラジオストク女性と実際に会うことになりますので時間とお金がかかりますので慎重にそして積極的に交際することが大事であるのは当然ですので会話倶楽部のシステム

①入会前に運営者とカウンセリング(Skypeや電話等)
***ウラジオストク女性と現実的に結婚できる資質があるかを話し合いましょう。
***女性会員ファイルは個人情報の関係で一般公開はしてませんがカウンセリング時にアクセスコードをお知らせしますのでその中で気になる方がいたら運営者にお知らせください。
②ウラジオストク女性と交際お見合いを希望される場合
***現地で会いたい女性の名前をお知らせください。同時にあなたの写真(5枚程度)と簡単な自己紹介ファイルを書いて運営者にメールで送ってください。
ウラジオストク女性会員にあなたがウラジオストク訪問時に実際に会うことを承諾(お見合い承諾)の女性がおられたら仮会員(5万円)でウラジオストクを訪問し現地で日本語通訳同席でお見合いの設定を致します。
③ウラジオストク訪問時は現地のスタッフが日本語でサポート
現地のロシア人担当者は日本語を話しますので入国から帰国まですべて日本語で相談が可能です。
④ウラジオストクほホテルや航空券はご自分で手配を
現在はちょっと前までは出来なかった現地のホテル予約や航空券の予約購入がインターネットで可能ですのでご自分で行ってください。サポートが必要な場合は日本の運営者にお尋ねください。

悪のロシア、正義のアメリカの場所を変えた戦争

ロシアは悪でアメリカは正義と考えてる人は日本ではどのくらいいるのでしょうか?

なぜ、ロシアは悪なのか?
アメリカの正義は何なのか?

両面から考えて出てくるのは各自異なる答えと思います。
ただ単に
アメリカは正義だと信じてる人は決してロシア人にはかかわらない方が良いと思いますしロシア女性と結婚なんて考える必要はないです!

理由は一つの先入観でロシアを考えてるからです。

 

ロシア妻は子供が欲しくないようです!

結婚したばかりのロシア妻、子供の話をしたら彼女は今は欲しくないと言ってると男性がビックリ? ショックを受けて電話をしてきました。
新婚三カ月目です。

”今は欲しくない”という彼女の言葉が大事です。
男性は結婚したらすぐに子供を作りたかったのでしょう。
でもウラジオストク新妻の拒否・・・。

どこが問題なのでしょうか?私はロシア妻の考えが分かりませうが男性は妊娠して出産までにどれくらいの時間が必要で病院には何回通う必要があるかまでは考えてなかったのでしょう。

男性が自営業でいつでも時間がある人で妊娠検査や途中での診察に一緒に行ける人ならさほど問題はありませんが会社員の人はいつでも時間は作れませんね。

まず、結婚して日本に住み始めたら周りの環境に慣れる時間そして日本語の勉強が先決です。女性が一人で病院に行き先生と日本語で話が出来るまで一年から2年くらいは時間が必要と思います。
子供を作るのはそれくらいの時間を考えたほうが良いのではないでしょうか?

ネットが流行る前から今も続いてる日本人と中国女性の結婚

1997年に始めて国際結婚を私が始めたときにはすでに中国女性との国際結婚があったようです。結婚できない農家の男性が中国の北部の農村の女性との結婚です。戦前に日本人が住んでた関係で現地との話がスムーズに運んだのでしょう。

私もしばらく中国のハルビン女性との国際結婚を運営してました。ハルビンは中国では都会ですので田舎の女性でなく大学卒の女性を紹介してました。

当時の日本と中国は運営方法が同じと言うか男性は1週間の滞在でお見合い、親への挨拶、入籍届け、結婚式(初夜を迎える)そして男性の帰国で何と1週間で結婚するのが普通だったようです。

このスタイルって今の日本のサイトで紹介してるようです。

中国男性とロシア女性の結婚も最近は少しづつ増えてるようですが20年前に
中国の知り合いからロシア女性と結婚したいので紹介してくださいと言うことで
ウラジオストクの運営者に話したら即答で

”だれも中国人とは結婚はしません”
と言われました。
今は、すこし事情が変わってきてるようです。
ウラジオストクの場合は中国人というのは距離的にウラジオストクに近い中国人です。北京や上海の中国人とは異なります。
異なるというのは同じ中国人でも種族や言葉等異なりますので中国人はと一言では言えません。

香港の中国人は最近は白人とのハーフの子供を持つのが流行ってるそうです。

 

 

 

 

 

国際結婚に不向きな性格はどんな人?

いろいろな理由が挙げられますがこの性格では無理だと私が考えるんのは心配性の方です。何かにつかて不安を感じる人で先入観が強すぎる人は本人だけでなくもし交際が始まれば(実際は始まりません)相手の人が不安症な男性を見てどう感じるかを考えれば一目瞭然ですね。
俺について来い!
という言葉を女性は期待してるしそんな男を女性は探してます。

結婚したら子供を持つのが女性の結婚の一つの理由です。女性がどんな子供をは欲しがりどんな教育で育てようとロシア女性は考えます。
その為には遺伝子を半分担当する男性に何を期待するかを考えれば強い男、家族を大切に考えてくれる男そして妻を守ってくれる男性に惚れるのは普通です。

ウラジオストクへの航空運賃

今では海外旅行の航空券はネットで買うのが普通になってます。
ロシア専門の会社も販売してますが急ぎのチケットを買う場合は会社のスタッフと相談しながらチケットを探してくれますので便利な時もあります。

HISは自社サイトで格安航空券全般を販売してます。
HISより安い料金で海外へのチケットを販売してるSurptiseと言う会社もありHISよりは数千円安めの料金です。

Surpriseで航空券をネット購入するとE-Ticketの発行はHISですのでこの二つは同じ会社ですね。Surpriseはメルマガ登録をしておけば時々更なる割引のクーポンが送られてくるので数千円安くなる場合があるので私はSurpriseを使ってましたが最近は・・・更なるチケットを販売してくれるサイトが続々と現れてます。
ネットで予約購入そしてクレジット払いですが値段は確実に安いようです。

4月13日から16日の3泊4日の日程で成田ウラジオストク往復料金を調べたらビックリです。

成田ウラジオストク間の直行便 オーロラ航空とS7の料金が出てきません。その代わりにソウル経由が販売されてます。ソウル経由の場合は羽田便もありますが2時間で行けるウラジオストクにソウル経由で10時間を費やすの意味があるのでしょうか? なぜ、ロシア航空会社のチケットを販売しないのか??

トラベルコのサイトでは格安航空券をネット販売してる会社をチェックして値段を表示してくれます。
その中で4月13日から16日の日程で探したら直行便の料金が出てきました。
日本の会社ではロシア航空会社のチケットは完売と出てるサイトもありましたがトラベルコでは下記の料金で買えます。
日本の大手会社の半分以下の料金です。