国際結婚の手続き

日本人と結婚相手国との関係で国際結婚の手続きや日本政府の許可(入国管理局)の対応が異なるので要注意です。

相手が日本に住むには配偶者ビザが必要です。法律上婚姻関係が成立していても当然にもらえるというものではありませんし日本に入国することが出来ません。
相手国で来日希望の方の日本ビザ申請を現地の領事館で行っても拒否される場合があります。理由は教えてくれませんし一度申請に失敗すると半年間後しか再申請はできません。その時も同じ書類を提出すれば拒否される可能性があります。

ここをよく理解していないと、二人の結婚は成立しても日本で生活することができなくなります。

お互いに結婚したいのだから政府は関係ないでしょう、という理論は通じません。日本に住むためには正しい結婚を説明しないと許可がでません。

こんなサイトを見つけました。引用出典/国際結婚手続きナビ

————————————————————————–
国際結婚の仲介業者さんを介して知り合われた方は、配偶者ビザ申請にご注意下さい。

国際結婚の仲介業者さんを介して知り合われて(お見合いをされて)ご結婚に至ったケースも、慎重さが求められます。

弊事務所へ持ち込まれる配偶者ビザの不許可案件の場合、2回程度の相手国訪問で結婚に至ったケースや、下手をすると1回目の訪問でお見合いと婚姻を済ませてしまう業者さんもあります。

弊事務所のクライアントの中には、昔は日本でもお見合い当日の結婚はあったのだから、国際結婚でもこのような類型があっても可笑しくないのでは?とのご主張をされる方がいらっしゃいます。確かにおっしゃる通りではあるのですが、超短期で結婚に至る場合には、配偶者ビザ申請時に婚姻の真実性の立証について格別の慎重さが必要です。

国際結婚の仲介業者さんを経由して知り合われて結婚された場合、もうひとつ注意をすべき点は、その業者さんの過去の実績です。仲介業者さんとしては、結婚を成立させてなんぼの商売ですから、少々無理があっても婚姻を成立させようと努力されるものと考えられます。その業者さんを経由してご結婚をされた過去のカップルの離婚率が高いようだと、今回の結婚もいい加減な結婚なのでは?といらぬ疑いをかけられてしまう可能性があります。
————————————————————————–
上記サイトにはいろいろ詳しい説明がありますので参照してください。

①ネットで知り合った人と結婚する(実際には会ったことがない同志)
②年齢差のある結婚
③お互いに共通の意思疎通ができる言語がない
④交際証明ができない
⑤その他・・・いろいろな理由