20年間で国際結婚が3倍に増えたウラジオストク・・・

出典:
ロシアの声 ラジオ>>>クリック(日本語版)

この20年間でロシア人と日本人,中国人,インドネシア人,マレーシア人などとの間の国際結婚数が3倍に増えた。極東ウラジオストクの中央結婚登録所の職員が伝えた。

国際結婚の件数は、毎年増加している。それも大抵、新婦がロシア人で新郎が外人というパターンだ。隣国日本や中国の若者達は、留学のためロシアにやってくるが、ロシア語学習と共に、ロシア女性と知り合い、しばしば離れられない状態になる事が多いようだ。

   こうした状況は「ロシア美人」遺伝子が今後、東及び東南アジア諸国に流出する事を意味するのではないか? 答えは言うまでもなく「イエス」だが、この現象には別の面も存在する。隣国同士の絆が強化され、国際結婚の中で誕生した新しい世代は、最低2つの言葉を知り、2つの国の文化的伝統を身につけるという点だ。また国際結婚する若者の教育レベルは大変高く、普通、一般的なステレオタイプ的思考にとらわれない。

   その一方で、国際結婚には、それなりのマイナス面もある。東及び東南アジア諸国の男性との結婚を決めたロシア人女性は、人生や日常生活にかなりの影響を与える文化的民族的違いを理解しなくてはならない。外国語も勉強しなければならないし、自分の主人の家族と上手に付き合い、日々遭遇する多くの困難を克服しながら、子供を育て、専門職で働いたりキャリアを積む可能性を捨てて主婦として人生を送らなければならない。

   そうした事からかなりのロシア女性は、新しい生活に溶け込むことができない。統計では、アジア人と国際結婚したロシア女性の20%は離婚し、その半分は祖国に戻る。しかし、大部分は外国での暮らしにうまく適応しているようだ。ロシア人は、イスラム諸国の伝統よりも、アジアの文化的伝統をもっと容易に受け入れている。この事は数字がよく表している。アフリカやアラブ諸国の男性と結婚したロシア人女性の、何と60%が相手と別れている。

   家庭的原因でアジア諸国に嫁いだロシア人女性の多くは、旅行関係の仕事に就いたり、個人ビジネスを起こしたりしている。「ロシアで生活した経験があれば、どんな境遇でも生きて行けるもの」そう半ばジョークを飛ばす国際ロシア美人も多い。
続きを読む: 

カテゴリー: 交際, 女性一般, 恋愛, 日本生活, 結婚 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です