なぜ失敗を過度に恐れるのか?ネガティブな思考回路の人達・・・

これは日本人の性格だそうです。ネットを探すと過度に情報が出てきます・・・!
ネガティブな思考回路の人は同じ性格の人と一緒になるべきです。
性格の基本が異なる場合には友達関係まではOKですが同じ屋根の下に住むのは無理な話です・・・。

日本人同士の付き合いや仕事の場合は失敗というか間違いを侵さないように注意し振舞うことは一種の美徳なのでしょう。
間違いがなければ問題は起きません!

しかし、問題が中れば更なる知識の蓄積は出来ませんが日本社会では討論やデベィトは敬遠されがちなコミュニケーション手法なので自己主張は良くないと考える人も存在します。

そんな考えの方が外国人、自己主張するのは当然と考える人と結婚を考えた場合に万が一結婚出来ても直ぐに衝突が100%起きます。本当なら結婚する前に同棲や一緒に住む時間を経験すればお互いの特徴が理解できますので会話倶楽部ではこのシステムをお勧めしてますしロシア側の両親も当然ですねと理解してもらってます。

結婚すれば何とかなるでしょう、という考えは相手の女性が同じ考えなら構いませんが・・・そんな異文化人同士の国際結婚が今のご時世にあるのでしょうか?

出る杭は打たれる・・・
出る釘は打たれる・・・

この二つの日本語はどちらが正しいと思いますか?
杭が出過ぎると周囲との調和がとれないので出しゃばるな・・・の意味があります。
釘が出てると危ないですね、危険性をなくすために飛び出た釘は埋め込みケガがなくなるという風に私は解釈してます。

日本人社会の中では出る杭は打たれる・・・でしょうが国際結婚を考える方は杭をどんどん出さないと異文化の人は理解してくれません。

カテゴリー: 会話(コミュニケーション), 女性一般, 恋愛, 結婚 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です