ブログの移動

このブログを会話倶楽部の中に引っ越しさせました。

>>>https://www.kaiwaclub.com/

カテゴリー: 運営者 | コメントする

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に飽きた若者たち

日本人のスマホユーザーーの半分以上が利用しるLine。海外にも展開してますがぱっとしないようです。
日本だけの市場でも十分にビジネスになると思いますが若者たちがLineに飽き始めたようです。

Lineは若者でなく年配者の利用者が多いようです。
私もLineをインストールしてますが広告がおおくて”うざい”と感じてますし会員さんがLineで連絡してくることはありません。
年配者の利用が多いのはLine同士なら電話通話が無料だからと電話代金を気にしてる年配者が多いのでしょう。

ロシアの運営者もLineはインストールしてますが日本のお客さん、当然年配者の方たちが連絡してくるからです。
Line と同じFacebookも若者離れが多いそうです。

ロシア人や東欧の人たちにはFacebookは今でも人気があるようで朝起きたらFacebookをチェックするのが日常生活の一部ですとルーマニアの友人が教えてくれました。
ふーん・・・そうなんですかというのが私の感想。
私もFacebookはインストールしてますが使うのは日本に住んでるウラジオストク妻たちへの連絡の時だけです。
メッセージを送ると10分もしないうちに返事があります。
LineもFacebookも知らない人からのメッセージが結構あるのでこれも”うざい”です。

唯一の李由香知のあるSNSはwhatAppではないでしょうか?
会員さんの多くもこれを利用されてますしウラジオストクの運営者はwhatAppに毎日、結構な時間をつぎ込んでるようですし私への連絡のほとんどはwhatApp軽油です。
これは広告もないし設定をしてれば知らない人からのメッセージは来ません。

日本の若者たちがSNS離れをしたら人とのコムユニケーションはどうするのでしょうか?
ますます無口でコミュニケーションを嫌う人たちが増えてくるのでしょうか?
会話倶楽部の将来も明かりが見えなくなりそうです。

カテゴリー: コミュニケーション | コメントする

モスクワやサンクトペテルブルクを差し置いてウラジオストクが・・・

ブログの集合体の大手のブログ村(世界中)のロシアに新しく 極東ロシア・ウラジオストクと新しいカテゴリーが追加されたので登録しました。
ただし、現在の登録者は私だけですがウラジオストク関係のブログを書いてる人は結構おられるのでこれから増えてくるでしょう。
ロシアにはモスクワやサンクトペテルブルクという都会がありますがその二箇所のブログのカテゴリーはまだありません。
これからウラジオストクが注目されてくるのを予想してるのでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ 極東ロシア・ウラジオストク情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: ウラジオストク, ロシア | タグ: , , | コメントする

日本人のロシア論

ロシアに行ったことのある方と一度もロシアに行ったことのない日本人のロシア論・ロシア感には大きな差異があります。
ロシア女性と結婚を考えてる方もロシアに対しては良いイメージはお持ちでないと思いますがロシア女性は綺麗だからという理由では婚活活動は難しいでしょうね。

元大使の馬淵氏、この方は反骨精神旺盛で外務省やテレビメディアには出れません。
私はこの方が言ってることは正論と思いますがそれじゃ困るという人たちが沢山おられます。
下記の動画で4:10くらいから日本人のロシア論は何故、根強くほとんどの日本人を勘違いさせてるのか?
そしてその理由はというのを説明されてます。

カテゴリー: ロシア人, 動画 | コメントする

もう君はいないのか (新潮文庫)

2007年に亡くなられた作家、城山三郎氏の本です。生存中ではなく亡くなられた後に娘さんが原稿を集めて発行したものです。
奥様が先に亡くなられた後は魂が抜けたような状態で本も書くのを辞められてます。
ショックだったのでしょうね。
そんな中で亡くなられた後に発行された本の名前は
”そうか、君はもういないのか”

私は妻帯者なのでこの意味が分かります。私の妻にもこの本を紹介したらちゃんと読み終えており感動したそうです。
私達夫婦が感動しても大したことはありませんがテレビがこの本をドラマにして放映したので感動した人は他にもいたのでしょうね。

私が田舎の高校を卒業する前に学校の体育館でこの方の講演を聞かされました。
有名な作家さんですが私には縁遠い人で ”有名な作家の講演” という題目には何の関心もなかったのですが一時間に及ぶこの講演内容はずっと耳を傾けたと今でも覚えてます。
しかし、話の内容は何も覚えてません!
何回も思い出そうとしてますが夢にも出てきません!

しかし、確実だったのは高校を卒業そして大学へ。しかし大学には1週間くらいし通いませんでした。
一応、勉強するつもりで入った大学は1週間で十分で必要がないと確信しました。
海外を放浪しながら自分では国際大学と名付けて一人で110ケ国位を旅しました。

それからバイトをしてその年の9月にはロシア、ハバロフスクからモスクワそしてヨーロッパへ・・・そして世界へ・・・

城山三郎氏話は覚えてませんが外に出なさい、外国へ行きなさいという暗示が体に染み込んでたようです。

城山氏の書かれた本は全部読んだと思います。書かれてることが私の興味のある内容で一冊を読まないと寝れない日を過ごしてました。

城山氏の奥様との出会いの描写が良いですね。
”空から舞い降りてきた” そうです。そんな記憶を一生持ち続けたのも良いですね。
私の場合は私が今の奥様と話をしてる時の笑顔です。
あの笑顔・・・私の話を聞いて理解して笑ってきた表情です。

城山三郎氏はたくさんの旅行記を書いてますがフランスとロシアが好きで二つの言葉を勉強されてたようです。

カテゴリー: 運営者 | コメントする

ロシア女性が思う日本人のメンタリティとは?


ロシア女性はおしゃべりです!
日本男性は寡黙な人が多いですね。
会話カップルを見てるとやはり女性の方が旦那の4倍くらい話してます。

文化が違う人たちは話さないと意思疎通が出来ません。
会話倶楽部の会話は語学学校ではなくお互いの会話が大切だということでつけた名前です。ロシアでは沈黙は絶対に金にはなりません。

カテゴリー: ロシア女性, 動画 | タグ: , | コメントする

プーチン大統領がロマンチックな”女性の日” コメント

日本語はありませんが英語がYoutubeの画面から選べます!
モスクワ時間で3月8日の午後のアップロードのようです。

カテゴリー: ロシア女性, 動画 | コメントする

ロシアへの送金はPaypalがお勧め

会話倶楽部では交際中のウラジオストク女性に男性が花を贈りたいと相談がありますが肝心な代金はどうやって払いますか?という問題があります。

花+メッセージカード+ラッピング そして女性に手渡しをする必要があります。

ロシアへの送金で便利なのはPaypalですので今のうちにPaypal口座を開設(無料)することをお勧めします。

 

現地の運営者もPaypal口座を持ってますのでPaypalの中で送金のところからメールアドレスと送金金額を書き込んでクリック!これで翌日にはウラジオストクへ届きます。送料は無料で受け取り側がいくらかの手数料が引かれますが確実に送金できます。

カテゴリー: ロシア人 | タグ: , | コメントする

ロシア人に対する日本の都市伝説!?

下記の動画が30歳を越したらロシア女性は太る?
多くのロシアへ行ったことのない日本人が口にする言葉ですが本当でしょうか?
ロシア女性をアメリカ女性と比べると年配者は圧倒的にアメリカ女性の方が私の経験では太ってると思います。
最近でこの太ってない女性が好かれる傾向があるようなってますがちょっと前までは誰も話題にするテーマでは
なかった筈です。

今時のロシア女性は日本と同じで体重が増えて太目は良くないという傾向がありますね。

会話倶楽部のある既婚女性は日本に住み始めたころにロシア人は年を取ると太るでしょうと何度も聞かれたそうです。

彼女の返事は日本のテレビが現地ロシアを放映する時には
ロシアの田舎に行って年取った農婦を探してきてロシアのイメージをその中に埋め込んで
テレビ撮影をしてる感じがすると言ったのは間違いではないですね。

 

 

カテゴリー: ロシア女性, 動画 | タグ: , | コメントする

かつての女性会員さんたちの動画

個人情報が話題にならなかった時代はそんな昔ではありません。
空港で知り合いを出迎えるときには空港のカウンターに搭乗者名簿が置いてあり
今到着する人が本当に搭乗者名簿にあるのかと何回も確認した記憶があります。
そんな時代にウラジオストクオフィスで女性会員さんたちの自己初回動画を作ったことがあります。勿論、本人たちの許可は貰ってます。
中には嫌です、という人もいました。

英語が得意でない人も英語や日本語で自己紹介をしてますが誰も紙を見ながら話してません。エチケットですね!?

先週このブログで同じ動画を紹介してますがURL(インターネットのアドレス)が間違ってたようですので再度、ご紹介します。
ウラジオストク女性ってこんな感じです。

>>>ここをクリック<<<

カテゴリー: ウラジオストク女性, 動画 | コメントする