1997年に日本で初めてインターネットを使った国際結婚サービスをウラジオストクで開始して世界各地でのカップリングを行ってきてます。
今年は国際結婚における日本人と諸外国人とのカップリングを今までの経験から新しいシステムで運営してます。
ロシアはここ20年ですっかり変化してます。ソビエト時代に生まれ育った女性そしてロシアの時代に育った女性たちは昔のソビエトではなく現在のロシア的考え方を持ちロシア女性も大きく変化してます。
ウラジオストクには現地オフィスがあり日本語を話すスタッフが会員さんの滞在中はサポートします。

現地の運営責任者のナイディン氏は今年に4月まで9年間、沿海州の人権委員会委員長でした。そして日本語が話せます。
20年間の実績

会話倶楽部ロシア(ウラジオストク)

1997年にウラジオストクの会話(ロシア人現運営者)を引き継ぎ会話倶楽部ロシアでインターネットで日本初の国際結婚紹介を開始。当時は女性会員数は400名を越してました。ロシア経済の向上で会員数が減り2012年は150名前後となりました。ロシア女性が仕事が出来るようになり結婚より仕事優先の人が増えたためです。2015年よりロシア経済はルーブル安で停滞時期に入りロシア人の生活が厳しくなってきてますので2017年より会話倶楽部を再開。 

会話倶楽部ハバロフスク

約5年間運営しましたが現地の運営者並びに日本語通訳(大学の先生)達が全員、モスクワや日本で就職のため運営を中止しました。

中国関係(大連とハルビン)

ハルビンと大連で数年間運営しましたが中国女性の結婚観と女性レベルの高さ(ほとんどが大卒)のため縁組が難しいと考え中止。 

会話ルーマニア

現地の運営者がルーマニアを去ったので中止。

会話ウズベキスタン

今でも再開をしたい気持ちがあります。125の人種が集まったこの国はいろいろな人種、一番多いのがロシア系そして欧州系の女性たち、男性上位の国ですので女性たちは控えめで日本男性にはお似合いの女性たちですが結婚のためには”大恋愛”が必要でこれがネックで現地の運営者が日本男性のお世話をするのに疲れた・・・と言う理由で中止になりました。

会話クウェート

日本では馴染みのない国ですがクウェートは大の親日国。男性が希望するのは日本の気持ちと文化を大事にする女性、そして35歳以上のバッツイチが希望という世間離れした国です。離婚率50%の国でもあり女性にとってはプチ・セレブが可能な国です。35歳以上でバツイチそして子供を作りたい女性が男性の希望です。そしてクウェートは細い女性よりぽっちゃり型の女性を希望してます。

会話USA

日本女性と欧米の男性の結婚サポートです。数百名の女性といろいろ話し合いをしてますので結婚出来る女性、無理な女性の判断が経験で出来るようになったと自負してます。今年は会話クウェートを有名にするために会話USAは引退しました。