ウラジオストク・ブログ


>>>TOPページ
5月編  6月編

会員さんウラジオストクへ

会員さんがウラジオストクへ出かけました。成田空港でチェックインをするまでViberでメッセージのやり取りを行いました。ロシア側の出迎えも同じようにViberで連絡が出来ますのでウラジオストクの空港へ向かいますという電話で休憩。2時間後、無事到着して今ホテルへ向かってますと連絡が入りました。ウラジオストクは白夜ですので日没は21時くらいです。今日はプランがないので会員さんはホテルにチェックイン後は外を散歩すると考えられたようですが一人で明るくても夜なので出かけないようにアドバイスをしました。明日はメーデーでデモ(集会)はありますが平和的なお祭りですので午前中は交通はすべて規制されるので時間があれば見物することをお勧めして写真を送るように依頼しました。

5月1日 メーデー、労働者の日

メーデーと聞くと飛行機のSOS発信、緊急通信の暗号です。しかし、以前は労働者の日でありロシアが発信の地と思ってましたがある時の5月1日にウラジオストクに滞在してどのような行進があるのか興味がありましたが結論から言うと何もありませんでしたのでシラケた思いがあります。私の東京の近辺は代々木公園やその他集会できる場所があるので明日は交通規制がかかります。
今年はロシア、ウラジオストクでも行進(現地の運営者はデモと呼んでます)があるそうで交通規制があるので動けない可能性があると言ってきました。後から聞いた情報では午前中だけデモ行進があるそうです。

ロシア女性のYoutuberは

4月29日ウラジオストクブログで紹介してるロシア女性のYoutuberは

彼女はYoutubeにデビューして奇麗な日本語と外見ですぐに有名になりましたが2chで中傷されました。2chの記事はネットにもたくさん残ってます。偽装結婚、やくざ、不倫そして日本の旦那を踏み台・・・不法滞在やその他、2chレベルの記事です。その中で9割以上がロシアを嫌ってる人達もしくは悪意のある人たち、ロシアを露助と考えてるネットでは強気な発言が出来るが実際に会うと小心者(私は2chは小心者の集まりと考えてます)ですね。私も経験があります・・・
でも彼女がテレビに出てる番組もあります

ロシア女性へのプレゼント

会話倶楽部、特に私の考えですがロシア女性へのプレゼントは結婚してからするのが妥当と考えてます。ロシアの習慣でプレゼントを貰うとお返しをしなければなりません。これはプレゼントではなくお土産の場合も同じです。絶対に避けるのは高価なモノ、化粧品も女性の好みがあるのでお勧めではないです。女性は香水が好きだから・・・でも女性にも好みがあることを忘れないでください。本当に心底、女性に何かをプレゼントしたいときはリボンをつけてください。リボンはプレゼントという意味です。

今まで訪露される男性がお見合いをする女性にいろいろお土産やプレゼント?をお持ちになってますがロシア女性が不思議に思ったことも多々あります。
義理でお土産をお持ちになるなら・・・”何もしないでください”というのが運営者ナイディン氏の意見です。何かを女性にあげたのに喜ばれはしない場合は男性もキレてしまいます。折角の行為?好意?を女性が認めてくれないからですね。そんな気持ちになりたくない人は何も女性にあげる必要はありません。どうしても・・・という場合は何かに日本の文化を感じれる品物がお勧めです。決して高価なものは必要ありません。

ロシアのアパートと住まい

最近はウラジオストクでも新しいマンションのビルが建設されてますが大部分はソビエト時代の高層アパートがウラジオストク市民の住まいです。外見はボロボロが多いですが人が住んでる内部は改装されており外見とは異なります。外見を奇麗にする習慣がロシアにはないのでしょう。奇麗にするとお金持ちと思われ来て欲しくない人達が来ますね。ロシアの泥棒は室内のモノを全部運び出しますので日本の泥棒とは異なります。
ウラジオストクで滞在するときは現地の責任者のナイディン氏の家に泊まってます。中心地から車で15分くらいの距離にある二階建てで8戸あります。予定ではナイディン氏はこの建物をすべて買う予定でした予定)が2戸を買ってます。1戸の広さは80平米(2LDK) の広さです。夫婦と子供二人ならロシアでは平均的な広さではないでしょうか。駐車場は歩いて10分くらいの所にある専用駐車場(24時間警備)の空き地に止めてます。家の前にもスペースがありますが盗難の恐れが高いのでウラジオストク人は車は専用駐車場に留めるのが普通です(1日150ルーブル)。全部8戸を所有したら全面積640平米となり日本ではあまりお目にかからない広さになります。女性会員でそんな家に住んでる人も何人かいましたが最近は女性も親との同居でなく独り住まいもしくは女性の友人とシェアして住んでる人が増えており男性は親と同居、女性は独立してるのがロシア、ウラジオストク女性です。自立して家を借りてるウラジオストク女性の住まいはまだ見学したことはありませんがナイディン氏は離婚して子供もお母さんと同居そして結婚してます。離婚するときの慰謝料は・・・実際に質問してませんがこのアパートの隣の一戸は前奥様が住んでます。
ロシアの男性は日本と異なり飲み会はありません。友人たちと飲む場合は誰かの家で宴会をしてますが車で移動するので腰を据えて飲むというのはほとんどないようです。飲酒運転はロシアでは厳罰なのでお酒を飲むと代行サービスに依頼しなくてはならないので私も今まで代行サービスの経験は一回しかありません。

毎日表情が変わるロシア女性・・・ミステリー

ロシア女性が髪形そして髪の色を変えた写真を見て気がつかない男性会員がいました。新しい女性会員ですか?と私に質問された時は冗談と思いましたが男性は真剣でした・・・。好みのタイプなのでしょうね。あなたの奥さんですよ、と答えた時のその男性の驚きは本当の驚きでした。今日はウラジオストクから写真が送られてきました。女性会員の違った写真です。目を凝らして眺めてましたが記憶にない表情ですが会員さんは区別がつくでしょうか?お時間のある時に女性の名前を当ててメールしてください。




 

 

 

ウラジオストクで女性会員募集方法

ネットでは女性会員は募集してません。以前はウラジオストクのラジオ放送で募集を行ってましたが今回からはウラジオストクの有名な女性ジャーナリストのNinaさんがFacebookで情報を流してVladladiesを募集してます。NinaさんのFacebookのフォロアーは2万5千人を越しておりウラジオストクで結構女性に影響力のあるジャーナリストです。

ペットのお犬さん二匹。 スパニッシュ・マスティフとジャーマン・シェパード
 

Ninaさんのご主人は農業を行ってるセルゲイさんでウラジオストクから150キロ離れたタイガの中に住んでます。周りには誰もいない僻地です・・・。農地は全部で100ヘクタール(東京ドーム30個分以上)の広さで高級野菜を作ってます。Ninaさんは農業は一切手伝わない、家事が彼女の担当でそれ以外は衛星通信のインターネットで毎日世界中の情報を集め記事にしてます。彼女の英語力はアメリカ人と同じレベルで諸外国からのお客さんも多いですね。昨年は手巻き寿司を作りました。すべて写真に撮られ情報で雑誌に紹介されたようです。
NinaさんにVladladiesの説明をしたら喜んでお手伝いしましょう、何人くらい女性を集めれば良いでしょうか?と逆に質問されました。
外国男性と交際をしたい人、友達関係、恋愛関係そして将来的には結婚を考えてる独身女性のために記事を書いてくれますので興味のある女性にはウラジオストクのスタッフがカウンセリングを行いVladladiesの趣旨やルールを説明します。その時は女性のIDチェックやファイル作成のための情報、そしてスタッフの写真撮影等を行いますがその中で日本人と結婚したいと考えてるウラジオストク女性、日本に大いなる興味を持ってる女性を選別して会話倶楽部ロシアの会員に登録してもらい日本男性だけにご紹介するシステムです。
日本男性と結婚したいと考えてる女性は男性が女性の期待する方であれば半年から1年以内の交際をへてウラジオストク女性は結婚を決断してくれます。
特に日本男性を希望してない場合は男性は日本を理解してもらうために半年から一年、そしてそれから女性が日本に興味を持ち結婚を考えてくれるかも知れませんがその場合は結婚しましょうと決まるまでに結構時間がかかります。
日本男性と結婚を考えてるウラジオストク女性、交際して日本を少しずつ知り得てからひょっとしたら恋人関係になり結婚というのも可能性があることは否定しませんが問題はその交際期間です。

ロシアに二か所だけある国営子供リクレーションセンター。スタッフは1400名くらいで独身女性が280名前後でその中で200名前後が外国男性に興味があるそうでその方たちに説明して会員登録をしてますが日本人と結婚しても良いですと答えた女性は20数名でこれらの女性に会話倶楽部ロシアを説明して入会してもらってます。連休中はその女性たちと会われる男性会員達がロシアに出かけます。残りの女性はVladladiesに登録して頂いてます。

下記の写真はセンターを訪問して管理責任者の女性から内部案内をしてもらってるところです。男性は現地運営者のナイディン氏で後ろからの撮影は私です。ウラジオストクから25キロ離れた海岸にあります。ロシア中から最優秀な子供達が夏や冬の間3週間泊まり込みで専門家と一緒に楽しむところです。その子供たちを教える人達ですので優秀なスタッフさん達ですが会話倶楽部ロシアの会員にはなれません。



テロ対策? 内部に入るに前日にパスポート情報を送り許可証がないと入れません。ここまで来るのに2回のチェックがありました。車体のそこまでミラーでチェックされました。ロシアの未来の宝である子供たちが滞在する場所なので今考えると当然ですね。
敷地内にあるスタッフの宿泊施設ですが規模を倍にするそうで敷地外にもビルが建ってます。

GoogleMapで調べると

ここの女性スタッフの現実は・・・恋愛対象の男性がいないことだそうです!
この施設の管理部門のナンバー2がナイディン氏の身内で話はすぐに通じました。
ロシア女性の人生は優秀な子供を世話することでなく普通の家庭を持つことですと話してくれました。

連休でウラジオストク訪問の会員さんたちのお見合い候補者決定

連休中には会員さんがウラジオストクを訪問して女性会員に会いますので飛行機と宿泊先は会員さんがネットで決定。ロシアビザは会話倶楽部で手配をしたり知り合いの会社に頼まれた方がいますのでEチケットとロシアビザがあればロシアを訪問できます。
会員さんたちの共通の依頼はお見合い相手の女性達の最新の写真。これも現地に依頼済みです・・・。訪問中はWifiが利用できるので日本にいる私はLineやViberそしてSkypeでフォローが出来ます。今まではこんなネット環境は考えられませんでしたので日本から直接フォローや相談が可能です。また、会員さん達にはウラジオストクで使える携帯電話を貸与しますので現地の責任者とも電話で・・・そして日本語がサポートが貰えますので私達、会話スタッフが出来るサポートはほぼ完了。
問題・・・ではありませんが現地では会員さんたちの実力で女性と接することになります。すでに10数時間の私と会員さん達との話し合いでウラジオストク女性の習慣やタブーなどは話し合ってますので緊張しないことが大事です。その為には初回の女性会員とのお見合いに日本語通訳がお手伝いをしますのでお互いに英語が話せても初回は日本語でお見合いをしていただきてます。

X-dayは25日が山場

アメリカが北朝鮮を攻撃日がX-dayです。日本のメディアは何も放送してませんのでほとんどの人はこの危機を知らされてません。アメリカが攻撃したら日本を攻撃すると北朝鮮の幹部が公言してますので日本も何かを準備しなくてはなりませんが何をする?と聞かれても答えはありません。中には水と食料を買い置きするという人もいますが災害ではありません。ミサイルが頭の上に飛んで来たら食料はいりません・・・。危機管理という日本語はありますが日本人は学校では何も学びませんし教えてくれる人もいません。でも、ロシアでは15~16歳時に危機管理の訓練があるそうです。
ガスが襲ってきたらどうする?とロシア女性に質問したことがあります。正しい知識を持ってますね。

ロシアでは危機管理機訓練で銃も扱わさせるそうですが私が質問したロシア女性は銃は重いし怖いので練習はサボりました、と答えてました。
ロシアに限らず東欧でも同じように危機管理の勉強はあります。私が経験したのは迷子になった場合はどうするか?実際にロシア人やポーランド人と都内を歩いてるときにバラバラになり相手がいません。こんな時は今歩いてきた道を戻ることです。そうすればロシア人そしてポーランド人は私を見失った場所でじっと立って待ってました。迷子の場合の基本だそうです。知らない場所では探し回らない、相手が探してくれるのを待つ。

ウラジオストク訪問時はWiFI機器をお持ちください

ウラジオストクは宿泊先や現地オフィスでWiFiが使えますのでお持ちのスマホ等でWifiが使えます。現地で問題があれば責任者のナイディン氏は日本語が話せますので彼と話してください。会員さんには彼に直通で通じる携帯電話を訪露前に貸与しますのでそれで連絡も可能です。ナイディン氏に言い難いことは・・・日本の私の方に連絡してください。

Vladladiesサービスの対象者は世界です

Vladiladies サイトはウラジオストクの運営で使用言語は英語のみです。
世界を対象にしてますが地理的な問題で欧米人の参加は未定ですがアジア男性には大きな魅力となります。経済力がついてきた国々が増えてますので。現地を訪問された場合は現地のオフィスを訪問することも可能です相談が可能です。ただし、現地サポートは英語のみです。会話倶楽部ロシア会員さんは現地でも日本語でサポートを受けることが可能です。
現在、アジアの富裕な結婚適齢期の男性が白人女性と結婚しハーフの子供を持ちたいという人たちが増えてます。

出会い系・・・ロシア女性も日本人の被害にあってます!!

昔、ネットがない時代は海外の人と知り合うにはペンパルと呼ばれ雑誌等で名前や住所が書かれてた時代があり私も中学生の時から英語の勉強を兼ねてフィンランドの女性と文通交際をして会いに出かけたことがあります。その他インドネシア人やスリランカ人とも文通を行い今でも交際があります。当時は詐欺・・・とは無縁の時代でした。
現在は出会い系サイトを利用する場合はご自分でどのようなサイトが信頼できるのかと考えることです。もちろんお互いに身元が確実であることが一番大事です。ロシア女性も出会い系サイトで被害に会ってる人たちがいます。
日本大好きにロシア女性は16歳の時から日本をご両親と一緒に訪問し大学でも日本語学科で日本語を勉強してました。出会い系サイトで知り合った日本男性とメール交換を行いその中で男性が女性を日本に招待したいと申し出ました。ただし、旅費はロシアへの送金が難しいので来日したら払います、ということで女性は来日しました。空港で待っていた男性は彼女が描いてた男性とは別人で写真も違う人だったので大ショック!来日するときに飛行機で知り合った女性(会話倶楽部女性)が男性と結婚前の同棲をするという話を聞いてそんなサービスがウラジオストクにあるのを知らなかったそうです。幸いにも東京には家族同然の付き合いのある家庭がありそこに数日滞在してウラジオストクへ戻り即、会話倶楽部に入会しました。会員としてではなく日本語通訳として仕事を始めましたがそこで出会った男性と結婚し今は一児のママです。

ロシア女性ウクライナ女性との出会い系の被害者

インターネットの活用方法は男性の場合はポルノと出会い系だそうです。
1997年にインターネットに初めてアクセスしましたが当時は速度が遅いので写真1枚を開くのに結構時間がかかりましたがその時すでに出会い系とポルノは登場してました。
ポルノ関係のトラブルは今でも続いてますが出会い系はロマンス詐欺とWikipediaでも紹介されてるくらい被害者が多いようです。出会い系は海外の場合は日本語が通じないので男性の被害者は主に英語圏の男性が多かったのですが時々、すこし英語が出来る日本人にも被害者が増え始めてるようですが一時期と比べると被害額は小さくなってます。最初の頃は1万ドル単位でしたが大きな金額なので悪徳出会い系の被害額は訴えられない程度の金額1000ドルから3000ドルになってます。
いつも不思議に思うのは海外の女性と知り合うのに数十万のお金を送金するのか?ということです。会ったこともない女性があなたに会いに行きたいがお金がないという理由で渡航費用を支払う男性心理は何を期待してるのでしょうか?ロシア系ウクライナ系と言っても実際にネットで情報を流してるのはアメリカやイギリスの会社です。
現在は日本女性に被害が拡大してるようで>>>Wikipediaロマンス詐欺説明
国際ロマンス詐欺撲滅協会(Japan)国際ロマンス詐欺サポート協会TOPなどのページがアップされてます。会話USAで日本女性と直接のカウンセリングを行い1000名以上の日本女性と話してましたが中にはロマンス詐欺の被害者の方や知り合いの経験談を話してくれる人が時々いました。
私の結論は・・・被害に会う女性は40歳代の恋愛経験の少ない人、英語レベルは片言もしくは旅行会話レベルですので詐欺メール(ほとんどはナイジェリア)の英文を見れば母国語で英語を話してる英語ではないので気がつくはずです・・・そして詐欺師が使うのは甘い言葉ですのでその言葉で女性は有頂天になるようです。自業自得という面も多々あると思います。

Vladladiesサイトが急ピッチで進行中のようです!?

サイト作りはロシアのITプログラマーの仕事ですので私はタッチしてませんがウラジオストクからの連絡では速いスピードで進んでるので6月1日より早く紹介できるでしょう、と言ってます。連休で会員さんがウラジオストクを訪問されるので特に日本語を話すロシア女性のファイル作成を先に完成させご紹介予定です。予定では15名前後のファイルです。

ロシアビザは8月1日から8日滞在の場合は不要の・・・予定です!

ロシアビザが廃止になれば確実にロシアを訪問する人は増えると思います。正式な発表はまだ出てませんがNHKが廃止かも・・・という放送をしてるので今までの噂で流されてた廃止が現実味があるかもしれません。噂は数年前から廃止、廃止となんども流れてましたがロシア側(ウラジオストク)からはそんな話は聞いてません、という返事でしたが現在はロシア側もビザが不要になりそうですね、と言ってますので現実味が増してます。
それがどのような内容なのかはまだ発表されてません、噂では8日間以内の滞在の場合は不要と言われてますが事前にネット?を使って申し込む必要があるようです。
会話倶楽部会員の方はロシアビザは25ドルの料金で作成します。
料金:25ドルのみ(ウラジオストク到着後オフィスのビザ担当者Yuliaさんに現地でお支払い)
パスポート:有効期限が半年以上残ってるパスポートと写真(3.5x4.5cm)を会話倶楽部運営者に書留で郵送してください。
申し込みは出発日の3週間前に運営者に郵送し必着です。ロシア領事館では急ぎのビザ発行には追加料金がかかりますのでその場合はその費用を払って頂きます。
パスポート返還:ロシア領事館には2週間パスポートを預けると無料でビザが出来ますので出来上がったロシアビザはパスポートに張られてありますのでご自宅に書留で郵送します。

会話倶楽部限定・・・女性招待書類作成代行

ロシア女性を日本に招待する場合は現在の日本の法律では招聘状を作成する必要があります。外務省のページでその招聘状作成方法(ここをクリック)が説明されてますのでロシア女性を日本に招待する場合はご自分でその書類を作成して頂き女性に送って女性が日本領事館で日本ビザ申請を行うのが普通です。申請すればビザが許可されるというものではありません。
会話倶楽部ロシアの現地オフィスではStarWind-VISAという会社名で20年以上に渡りウラジオストク人の海外行きのビザを代理申請してる実績がありYuliaさんが担当してます。(Yuliaさんは会話倶楽部の仕事にはタッチしてませんがオフィスを訪れた時には彼女がオフィスにいます(英語可能)。そのユーリアさんが15日以内滞在の日本ビザの代行を150ドルで行うことが出来ます、と今回の訪問で話してくれました。招待者が作成する書類は1通だけ、日本滞在中の詳細な行動予定表が必要だそうです。それ以外の書類は必要ありません。
日本滞在中の行動予定表作成は運営者@宮田がお手伝いします。

空港と市内送迎

現地運営者のNaydin氏の友人セルゲイ氏がご希望の方の送迎を行います。
料金は空港タクシーと同じ片道1500ルーブルです。

到着ロビーで会員さんの名前を書いたボードを持って立ってますので自分の名前を探してください。車はトヨタの大型車です。プレート808。
セルゲイさんは環境庁の方で現在6月まで3ケ月の休暇中で時間が余ってるそうです。
政府勤務の方の送迎・・・ロシアならではですね。セルゲイ氏は昔、英語を勉強されたそうですが思い出しながらスマホの辞書を使いながら話せるレベルです。ご希望の方は直前でなく1週間前までにはお知らせください。 支払いは直接お渡しください。

25名の日本語が話せる女性がなぜ会話倶楽部でなくVladladies会員なのか?

私も最初は変に思いましたが理由を聞いて納得しました。Vladladiesのプログラムを作ってるM君は帰国前日の最後の夜に会った時に自分のことをいろいろ話し始めました。最初に会った時は不愛想な青年と感じましたが・・・彼は大の日本ファンで日本には絶対に行きたいそうです。その理由は・・・アニメオタクのグループに属しており大のアニメファンだそうでいろいろな名前を嬉しそうに話し始めました。が・・・私は全く分からない世界ですがそのグループにたくさんのロシア女性がいて日本語を話すロシア女性が25名いるそうです。日本に興味のあるロシア女性ですがアニメが一番の理由です。時期が来ればアニメより現実の世界、結婚そして子供がいる家庭を考えるでしょうがその時期が読めませんし本人たちも分かりませんので会話倶楽部ロシアのメンバーにするのは無理だと判断しました。もし、会話倶楽部ロシア会員さんの中に同じ趣味の方で興味がある場合はご紹介は可能です。

ウラジオストク滞在中に使える電話機

会員さんがウラジオストクへ行かれ滞在中は事前にウラジオストクで使える携帯電話機をご希望の方にお貸しします。私の名義で今回の訪問で数台購入してウラジオストク到着時からすぐに使えます。

電話機の使い方は・・・現地で購入してSIMカードが入ってますのでウラジオストク空港到着時からONにしてください。電話機には現地の運営者のNAYDIN(ナイディン)の番号が入ってますので日本語で会話が可能です。ウラジオストク滞在中は必ず携帯電話機をお持ちになってください。
携帯電話ご希望の方はウラジオストク訪問前に自宅に届くように送りますのでお知らせください。利用料金は無料です。万が一SIMカード(プリペイカード)が切れそうになったらナイディン氏に知らせてください。電話会社でチャージしてもらいます。
帰国後は電話機と充電器を宮田に郵送で送ってください(その時の郵送料金は会員さんのご負担となります)。