ロシア国際結婚ウラジオストク限定

会話倶楽部の歴史

運営期間  会員募集休止  *会話USAは私は昨年引退(現在4女性スタッフ運営中)

1997年にウラジオストクの会話(ロシア人現運営者)を引き継ぎ会話倶楽部ロシアでインターネットで日本初の国際結婚紹介を開始。当時は女性会員数は400名を越してました。ロシア経済の向上で会員数が減り2012年は150名前後となりました。ロシア女性が仕事が出来るようになり結婚より仕事優先の人が増えたためです。2015年よりロシア経済はルーブル安で停滞時期に入りロシア人の生活が厳しくなってきてますので2017年より会話倶楽部を再開。 

約5年間運営しましたが現地の運営者並びに日本語通訳(大学の先生)達が全員、モスクワや日本で就職のため運営を中止しました。

ハルビンと大連で数年間運営しましたが中国女性の結婚観と女性レベルの高さ(ほとんどが大卒)のため縁組が難しいと考え中止。 

現地の運営者がルーマニアを去ったので中止。

今でも再開をしたい気持ちがあります。125の人種が集まったこの国はいろいろな人種、一番多いのがロシア系そして欧州系の女性たち、男性上位の国ですので女性たちは控えめで日本男性にはお似合いの女性たちですが結婚のためには”大恋愛”が必要でこれがネックで現地の運営者が日本男性のお世話をするのに疲れた・・・と言う理由で中止になりました。

日本では馴染みのない国ですがクウェートは大の親日国。男性が希望するのは日本の気持ちと文化を大事にする女性、そして35歳以上のバッツイチが希望という世間離れした国です。離婚率50%の国でもあり女性にとってはプチ・セレブが可能な国です。35歳以上でバツイチそして子供を作りたい女性が男性の希望です。そしてクウェートは細い女性よりぽっちゃり型の女性を希望してます。

日本女性と欧米の男性の結婚サポートです。数百名の女性といろいろ話し合いをしてますので結婚出来る女性、無理な女性の判断が経験で出来るようになったと自負してます。今年は会話クウェートを有名にするために会話USAは昨年引退しました。


*日本に一番近い白人国家のウラジオストク
*成田から飛行機でソウルより近い距離
*モスクワまで飛行機で8時間、成田は90分とロシア人にはお隣感覚

*今年中にはビザなしロシア訪問が可能かもしれません
*ウラジオストク小学校の修学旅行は日本も増えてます
*ロシアで一番の親日都市
*ロシアの中で日本語を話すロシア人が一番多い
*ウラジオストクを走る車の85%は日本車、ドイツ車が増えてます
*人口は約100万人(ウラジオストク市は65万)


日本人と結婚を考えてる人限定
最近は諸外国からの訪問者が増えウラジオストク女性たちも日本人以外と知り合うチャンスが増えてますので女性たちが国際結婚という漠然な考えでなくはっきりと日本人を希望してる女性に限定してます。現在ウラジオストクは17ケ国の領事館があります。
ウラジオストク女性で交際から結婚までを半年から1年と考えてる人
ロシア女性は男女交際と結婚交際を女性は明確に区別してますので結婚を考えてる女性は交際が始まり半年から1年以内に結婚を決断するのが普通ですので結婚意識のある女性と交際をする場合には女性が結婚を決断するかどうかは男性の交際スタイルに比例しますので会話倶楽部ではこの点を男性会員に時間を割いて説明してます。
身元チェック(IDや個人パスポート)
ロシアでは国際パスポートと国内パスポートの二種類があり国内パスポートには婚歴や家族についての記載があります。国際パスポートは海外に行く場合に必要ですが観光以外で外国に行かれた方はその理由を説明してもらってます。
入会登録前に現地スタッフの審査
入会希望者は誰でも入会を認めるわけには行きません。また奇麗だから・・・というのは入会理由にはなりません。現地スタッフは身元チェックや雑談を行いながらその中で女性が何故、日本人と結婚したいのかというホンネを聞き出す作業があります。現地スタッフの言葉で”あの女性は匂います”というのは体臭でなく女性の目的が結婚ではなくお金やその他の目的を考えてる気配を感じた場合は要注意で登録は受け付けますが会員としては公表しません。
女性会員の写真はオフィスで撮影
ロシア女性は毎週顔が変わると言われてるのは髪の毛の色やお化粧そして服装に注意を払ってるからです。会話倶楽部ではオフィスに来られた時の通常の状態で女性の写真を撮り会員写真として公開してます。また女性が持参する写真も公開しますがどちらも本人の写真です。
独身女性限定
これは結婚する場合には独身、法的に結婚出来る身分であることが大事です。ロシア女性と結婚する場合はロシア政府から独身具備証明という書類を日本のロシア領事館で日本語に翻訳したものがないと日本での結婚登録は日本の区市町村では出来ません。
女性年齢は大卒から38歳くらいまで
今まで会話倶楽部で結婚された女性は全員大学卒もしくは同レベルの人たちです。会話倶楽部では大学在学中の方は卒業をしてから入会してもらいますので会員としては受け付けてません。また女性で結婚して子供が欲しいという場合は高齢出産の年齢限度がロシアでは最高38歳くらいと考えられてますので結婚して子供のある家族を持ちたいという年齢で制限してます。
子供のいない女性限定
初婚男性にはお勧めではありません!
年配の男性で経済的余裕がある人なら多分、大丈夫かもしれませんが・・・
結婚経験のない男性が最初から子供のいる女性と一緒になる必要はないと考えてます。男性の中には子供のいる女性は子供のことを考えて日本で一生懸命に努力してくれると考える人もおられますがこのような男性の一方的な考えは通用しないのが普通です。
英語を勉強したことのある人
ソビエトからロシアになり17年目です。ロシアの学校の授業には普通に英語教育が行われており英語を勉強したことがある人は全部と言っても過言ではないと思います。ただし日本と同じで英語は勉強したけど実際には使ってないので忘れた、という人もいますが忘れた勉強を思い出すのが早いのはロシア女性の特徴です。
最近のウラジオストク女性、英語を流ちょうに話す人が確実に増えてます。
学歴はほとんどが大学卒業
ウラジオストクには10数校の大学があり会話倶楽部女性はその中でも名門の極東大学の卒業生が大半です。卒業すると管理職から仕事を始める人たちです。会話倶楽部の既婚女性にはお医者さんや大学講師などの人もおられますが日本と違いホワイトカラーの仕事はロシアでは薄給が普通です。また大学まで進んで勉強をした女性でないと国際結婚に興味を持つ人はいません。
ウラジオストクもしくは近郊に住んでる人限定
男性がウラジオストクを訪問された場合はお見合いやデートがありますのでウラジオストク市内のお見合いやデートに簡単に来られる人を会員として限定してます。 ウラジオストクでのデート費用は男性の負担ですが交通費は女性の負担です。ただし、夜遅くなった場合は男性の負担でタクシーで帰宅させてください。自家用車を持ってる女性の場合は必要ありません。
専業主婦を希望しない人限定
ロシアでは共稼ぎが普通です。二人の収入を合わせて一つにして家庭を築くのが普通ですので専業主婦希望という方はいません。例外としてキャリア・ウーマンとして長年働いてきた30歳杉野女性(弁護士や金融関係)の中には子供を育てたいと考えてる人もおられます。
ウラジオストク女性が里帰りをする場合の費用は男性ではなく女性が負担するのは当然と考えてます。
女性が入会時のカウンセリングでは日本に住んだ場合にどのような仕事がしたいのか?来日当時は日本語が出来ない人は日本語の勉強が仕事になりますが結婚登録を行えば選挙権がないだけで仕事は自由に出来ますので現在は簡単な仕事である飲食関係での仕事は出来ますか?という質問は女性に行ってます。
結婚前に日本で同居生活体験後にお互いに結婚の話し合い
女性会員でお見合いをした後ですぐに結婚する人はいません。
女性会員の親も同意しており結婚前には日本での同居生活を経験しお互いの長所短所を見つけ合うことで将来のパートナーにふさわしいかどうかを話し合って結婚を考えて頂くシステムは会話倶楽部は設立当初からのこのシステムで運営してます。





14回/14時間の個人話し合い終了後はウラジオストク女性会員とのお見合いで ウラジオストクへ出かけへ(この時から2年間会員期間開始)渡航アドバイスは話し合いの中で一番リーズナブル方法をアドバイス
*お出かけ前にお見合い希望女性があなたに興味を持ち現地でお見合いが可能かどうか日時を確認。
*希望女性とお出かけ前にメール交換はご希望で可能です。
*滞在期間によりますが現地でのお見合い最大数は3名までがお勧めです。
⁂サポートはメール、電話で行ってます。 


一括払い:20万円(毎週一回のセミナーで約3ケ月終了予定)*契約書あり途中退会可
分割払い:1回のセミナー16,000円の一回毎事前前払い(14回終了で会話倶楽部正式会員)


初回のお見合い時を除き通訳が必要ない語学力のある女性ならば通訳は必要はありません。
日本語通訳は多忙で確保できない場合があります(通訳の最低拘束時間3時間)、
1時間20ドルが目安
*会話倶楽部ではメールの翻訳は行ってません。
*現地スタッフとの英語でのメール打診相談は可能です(無料)
渡航手続きと航空券
*ロシアビザ取得と航空券、並びにホテルの予約はネット上でご自分で行ってください。
*現地のサポートが必要な場合はホテル予約、空港送迎を行います。料金は事前にお知らせし現地で会話担当者へ直接の支払い。

女性が来日する際の飛行機代金は男性の支払いとなりますので女性のチケット購入可。
料金はS7航空会社のウエッブページで確認することが出来ます。
ソウル経由の場合は日本の各地の空港に乗り継ぎが可能です。

日露間のビザ緩和が言われてますが外務省のウエッブページに詳しいことが記載あり。
ロシア女性を日本に招待するための招聘状の作成が必要です。

30歳以下のロシア女性はビザが前よりは簡単に男性の招聘状が正しく記載されてれば1週間のビザは降りてます。

同棲のための3ケ月ビザはまだ簡単ではありません。
ウラジオストクの運営者が保証人となり3ケ月のビザが取得できた場合はオプションとなりますが500USドル頂いてます。

現在、会話倶楽部のカウンセリングは無料で行ってます。
ご希望の日時を3つお書きください。

パソコンにSKYPEをインストールしてください。
カウンセリング:無料
時間帯:月曜から日曜日の 10:00から21:00